キャバ嬢やホストでも契約できるカードローンってあるの?

水商売をしているとさまざまな社会活動の中で制約を受けることも珍しくありません。

例えば家を借りるとき、キャバ嬢やホストは入居できない物件もたくさんあります。

賃貸以外にもカードローンやクレジットカードには審査がありますので、必ずどのような職業なのか会社に伝えなくてはなりません。

心配している人も多くいますが、実はキャバ嬢やホストでも問題なくクレジットカードやカードローンの契約はできます。

大切なのは安定した収入があるかどうかです。

キャバ嬢やホストは若いうちしか稼ぐことができないため、長期的な視点でみると安定した収入とは呼べないかもしれません。

しかし幅広い人たちへ貸し出し実績のある消費者金融であれば、審査に通る可能性は高くなります。

一年以上勤めていれば安定した収入と認められる

夜のお仕事は欠勤をするとペナルティーが科せられてしまうこともあるため、収入も多いけれど出費も多くなりがちです。

カードローンやキャッシングが利用できればもしものときの出費にも対応することができるでしょう。

在籍してすぐでは勤続年数の短さから契約が難しいかもしれませんが、1年以上勤めているのであれば安定した収入として認められます。

在籍確認をされることになりますので、源氏名がある人は金融機関に水商売であることやお店での名前を伝えておき、その名前で確認を取ってもらうのもよいでしょう。

営業時間が夜間になりますので、在籍確認は遅い時間にかけてもらうことも忘れないように伝えておきましょう。

http://www.convergenciadigital.net/が参考になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加